離婚する元夫とはこの先 一生会いたくない?
そんな『くされ縁』を完全に切りたいのなら
住宅ローンでもきちんと縁を切っておくことをおすすめします。

離婚 住宅ローン 妻が住む

離婚することになったが
「元夫が出ていき元妻と子供たちが今の家にそのまま住み続けることになった」
というケースは多いですよね。
なにより子供の教育を考えたのなら、今さら引っ越しで転校させるのも可哀想です。
しかし、ここで問題が・・・・

今の住まいは
「名義」も「住宅ローン」も夫のまま
または
夫婦の共有名義(住宅ローンも夫婦2人で組んだ)
または
・ 妻が連帯保証人になっている
そんな場合は気を付けてください。

実はこれ、とても危うい状態なんです。
おちおち安心して暮らし続けることはできないのですが、これに気づかない元妻の方ってとても多いのです。
夫が住宅ローンを滞納して競売になってしまったらどうしますか?
※そのことは元妻にはわかりませんから、急に差押が来ます。
住宅ローンが払えない元夫の肩代わりを長年してきてもローン完済後に元妻のものにはなりませんよ
元夫が勝手に「売却するから出て行け」と言われたらどうしますか?
※法的に対抗できないことが多い。
養育費代わりに住宅ローンを払い続ける約束を元夫が守らない場合はどうしますか?

離婚後の住宅ローンでこんなトラブルは珍しくないのです。
ですので、離婚義もそのまま元妻が住み続けたいのなら
なんとか住宅ローンを夫から妻に借り換えて
名義も妻単独名義に書き換えておくことをおすすめします。

動画で丸わかり 離婚と住宅ローン

離婚後も妻が住み続けるために住宅ローンの借り換えを考えた時におすすめ相談先は?

離婚後も妻が住み続けるための住宅ローンの借り換えを考えた時におすすめ相談先
離婚後も妻と子供が住み続けるために住宅ローンを夫から妻に借り換えの相談は安易に今の銀行にしてはいけません。
その理由は後ほど詳しくご説明いたします。
では「離婚後も妻が住むために住宅ローンを夫から妻に借り換えをしたい」場合はどこに相談すればいいのでしょうか?
今回ご紹介するのは「離婚・住宅ローン対策センター」です。
まず最初に知っておいて欲しいのは
「離婚・住宅ローン対策センター」で住宅ローンの借り換えをすると手数料がかかります。
(上限融資額の5%)
もちろん完全成功報酬ですから、借り換えの住宅ローン融資がおりなければ一切費用はかかりません。
また、ほとんどの場合は諸経費(借り換えに伴う諸費用)も住宅ローンに組み込むことが出来るケースが多いので、毎月のその支払い負担は小さいともいえます。

\離婚後も妻が住み続けるための住宅ローン借り換えをサポート/
離婚・住宅ローン対策センター 公式ホームページ



離婚が原因での住宅ローンの借り換えで手数料を支払ってでも専門家に依頼する理由は以下の通りです。

離婚後も妻が住むための住宅ローンの借り換えはほとんどの銀行は消極的である

原則、ほとんどの銀行は「離婚が原因での住宅ローンの借り換え」に積極的ではなく、あえてはハッキリ言うと消極的です。
まず銀行に正直に相談したら、おそらく売却をして一括返済を勧めてくるでしょう。
そんなことを避けるために銀行に住宅ローンの借り換えの相談をしているんですけどね・・・

離婚後も妻が住むための住宅ローンの借り換えをするなら借入銀行選びが重要

金融機関によっては「離婚が原因での住宅ローンの借り換え」に対応してくれるところもあります。
しかし、これは
ずっと対応してくれるというわけでもない
(対応可から対応不可にもなるし、対応不可から対応可にもなる)
銀行ごと、支店ごと、担当者ごとで借り換えの成功?失敗?も変わる
  銀行によって、
  支店によって、
  担当者によって、
  離婚が原因での住宅ローン借り換えが成功することも失敗することもあります。
他の離婚された方がA銀行で借り換えできたからといって、あなたがそこで離婚による住宅ローンの借り換えができるとは必ずしも言えないのです。
常に状況によって変わる離婚が原因での住宅ローンの借り換えは「離婚での住宅ローン借り換えに積極的な銀行・支店・担当者」に狙いを定めてタイミングよく相談することが重要です。

離婚後も妻が住むための住宅ローン借り換えは申し込み前の周到な準備も重要

離婚後も妻が住むために住宅ローンの借り換えは妻自身で行うことも可能です。
でも、それはかなり元妻の経済的属性が高い場合です。
・高収入である
・一流企業に勤めている
・預貯金も豊富
そんな「とりっぱぐれのない」銀行からすれば優良顧客であればご自分で住宅ローンの借り換えの相談を銀行にしても構いません。
ただ、そんな奥様たちは少ないのも現実です。

住宅ローン借り換え申し込み前に審査で不利になることは解消しておく

よく問題になるのがクレジットカードキャッシング履歴です。
元夫が生活費を入れていなくてクレジットカードやキャッシングに手を付けた場合、完済後でもその与信枠が住宅ローンの障害となることもあります。
※銀行の審査ではその与信枠がそのまま今の借金とみなされるのです。
他にも「自動車」「大型家電」の分割払いも気を付けたいところです。

携帯電話料金の滞納も要注意
携帯電話の毎月の支払料金の中に機種本体代金の割賦販売が含まれます。
この割賦販売の滞納が返済事故扱いになることもあるのです。
わずか数千円の携帯料金の滞納で住宅ローン借り換えもできない
ブラックリス入りになっていることもあります。
滞納履歴に金額の大小は関係ありません。

このあたりはご自身の個人信用調査を調べてみないとわからないこともよくあります。
離婚による住宅ローンの専門家に相談すれば事前のアドバイスもあります。
この個人信用調査はもちろん銀行も融資審査に使います。
銀行があなたの個人信用調査を調べる前に、予め「不利なもの」「障害になるもの」は解消もしくはきちんと説明できるようにしておかなければいけません。
このあたりも専門家に事前相談しておくことをおすすめします。

自分で住宅ローン借り換えに失敗したら困ることも多い

実はこれ、結構大きな問題なんですね。
一度、住宅ローンの借り換えを申し込んで失敗したらもうその金融機関には相談できなくなります。
また、銀行では住宅ローン審査で他行で行った個人信用調査の回数がわかります。
「あれ、この人 なんども他の銀行にも相談しているみたいだな。
 何件も断られているようだからうちも要注意だな!」
そんな印象を融資担当者に与えてしまう可能性もあります。

ですから、自分で住宅ローンの借り換えの相談を銀行にする場合は気を付けてくださいね。

住宅ローン借り換えで必要な不動産の売買契約書や査定書を「自分で用意できますか?

普通、住宅ローンは不動産業者が銀行に持ち込みます。
不動産業者と銀行は提携を結んでいますから、必要な資料もわかっていて審査もスムーズです。
・不動産の売買契約書
・不動産査定書
・重要事項説明書
など銀行には他にも住宅ローンに必要な書類も揃えなければなりません。
さらに離婚が原因の住宅ローンの借り換えの場合は
・離婚協議書
・離婚に伴う夫から妻への贈与契約書
など特別な書類が必要になることもあります。
このあたりはやはり住宅ローン専門家の力を借りた方が得策です。

離婚後の生活を考えたら現金をたくさん持っておくことが大事

離婚前からへそくりや実家からの援助で今の住まいを購入する奥様も多いです。
(夫婦間売買をして夫から妻への名義変更)
しかし、私は
あえて借金をしてでも、手持ちの現金を残しておくことをおすすめしています。

離婚後の生活でなにがあるかはわかりません。
病気をするかもわかりません。
子供が「留学したい」と言うかもしれません。
そんな時に備えて
たとえ今の住まいを元夫から買い戻す現金があっても住宅ローンを組む
ことをおすすめしています。

もし、離婚後も妻が住むために今の住まいの住宅ローンの借り換えをして
元夫から元妻のあなたに名義変更しておきたいのなら
離婚・住宅ローン対策センターにご相談されてみてはいかがでしょうか?

\離婚後も妻が住み続けるための住宅ローン借り換えをサポート/
離婚・住宅ローン対策センター 公式ホームページ

離婚後も妻が住むために住宅ローンの借り換えの相談を銀行にすると離婚したことがバレますよ

離婚が銀行にバレる

住宅ローンの金利が超低金利な理由をご存知ですか?
それは一般のローンと比べて滞納が事故率がグッと少ないからです。
自分の配偶者や子供たちが暮らしている住まい
もう歯を食いしばってでも、住宅ローンを払い続ける方がほとんどなのです。
だからこそローン審査も甘く、数千万円ものお金を超低金利で借りることが出来るんです。
一般のローンを考えたら、まず
・数千万円も?
・長期間で?(最長35年)
・超低金利で?
借りることなんてできないのです。

しかし離婚で住宅ローン借入の前提条件が変わる

離婚しても主債務者である夫がそのまま住み続けるのであればまだいいのですが、元夫が家を出て元妻がその家に住み続ける場合は問題があります。
そもそも居住用としてお金を貸したのに借りた本人(元夫)が住んでいないのは大問題です。
しかも、住んでいるのは元妻ですから法律上は赤の他人です。
「子供が住んでいるから」はなかなか銀行には通用しない言い逃れでもあります。

離婚したことを銀行にバレてしまったら・・・・?
そもそも最初の住宅ローンを借りた前提条件が変わってしまったのです。
ですから、銀行がどう出てくるか?
こればかりはケースバイケースですが慎重に考えておかないといけません。
最悪、一括返済をも求められてしまうこともあります。
夫名義の住宅ローン
そこに夫本人が住んでいないのですから、そもそも本来の住宅ローンでなくなるのです。
一括返済は避けられても銀行は不安を隠せないでしょう。
少しの延滞でもすぐに競売手続きになってしまう可能性もあります。

離婚後も妻が住むための住宅ローンの借り換えの相談を銀行にする時は注意してください。

離婚後も妻が住むが、住宅ローンはそのままで元夫から元妻に名義を換えることはできません

住宅ローンはそのままで元夫から元妻に名義を換えることはできません

離婚後も妻が住むために「住宅ローンはそのまま」で「元夫から元妻に名義を換える」ことはできません
そうご説明するとご相談いただいた元妻の方からは
「えっ?なぜですか?」
「元夫が離婚の原因をつっくたのですよ!100%悪いのが元夫なのに!」
とお叱りを受けるのですが、そんな自分勝手な理由は銀行には通用しません。
所有者と債務者が異なるのは銀行は認めません。

離婚後も妻が住むとしても、住宅ローンや家の名義を元夫のままにしておくことは危険


先にも少し説明したのですが改めて
離婚後も妻が住むとしても住宅ローンや家の名義を夫のままにしておくことは危険
なことをお話ししておきます。

100%夫が原因での離婚でも数年も経てばそんなこと通用しません

離婚後も妻が住むための住宅ローンの借り換えは元夫の協力が必須です。
夫婦間売買契約
実勢価格よりも安い夫から妻への売却価格
(主にローン残高程度が多い)
でも、元夫が協力してくれう気持ちが変わるのもよくある話なんです。

離婚する時の約束、元夫がずっと守り続けるなんて間違いです

100%夫が悪い離婚
そんな場合は離婚時に夫もその罪悪感から元妻に有利な約束をすることも多いでしょう。
養育費代わりに住宅ローンは払い続けるから
そんな約束はうのみにする元妻も多いのですが、それはちょっと楽観的すぎます。
そもそも養育費を最後まで払い続ける父親は2人に1人しかいないという現実をご存知でしょうか?
最初の数年は約束通り住宅ローンを元夫が養育費代わりに払い続けたとしても、いつ滞るかわかならいことも知っておいてください。

そもそも養育費の相場をご存知ですか?
家庭裁判所が養育費を算定する場合、元夫の年収と元妻の年収から算出するのですが
厚生労働省が平成28年度にひとり親世帯を対象に行った調査による1カ月分の養育費の平均相場は、
母子家庭で4万3,707円
父子家庭で3万2,550円
という結果でした。
その養育費ですら支払わなくなる夫が2人に1人の状況です。
養育費の平均相場をはるかに上回る住宅ローンを負担し続ける元夫に過大な期待をしてはいけないともいえます。

離婚後も妻が住み続けて数年後、元夫から「売却したいから出て行ってくれ」と言われたら

元夫が元妻と子供が住む住宅ローンの負担もさることながら、元夫が元妻と子供が暮らす家を売却したくなる事情もよく発生するのです。
それは
元妻と子供が暮らす家の住宅ローンがある限り、元夫は新たにマイホームは購入できない
ことなんです。
元妻が「それなら私が肩代わりして住宅ローンを払うから」と提案してもです。
住宅ローンはひとりにつき1件しか組めません。
住宅ローンは自分が住む家が前提ですから当たり前ですよね。
ですから元妻と子供が暮らす家の住宅ローンが残っている限り、元夫は新たにマイホームを持つことはできないのです。

再婚した現妻からは「家が欲しい」と毎日ネチネチ言われる。
元妻との子供もそろそろ成人
そんなタイミングで元夫から今の家を売ることを言われても、元妻のあなたはすでに高齢かもしれません。
パートでなんとかやりくりしている状態かもしれません。
今の家を追い出されたらたちまち困ることにもなりかねないのです。
しかし、あくまで法律的にはあなたの家ではなく元夫の所有権の家ですから文句も言えないのです。

仮に元夫の住宅ローンを長年肩代わりしてきても、最後はあなたのものにはなりません

元夫の住宅ローンを長年肩代わりしてきても、最後にその家は元妻のものにはなりません。
時々わたしも遭遇うするのですが、元夫の住宅ローンを「元妻が長年肩代わりして支払ってきたケースって意外とあるのです。、
「長年 元妻の私が住宅ローンを払ってきたのだから、この家はわたしのもの」
そう勝手に勘違いされる元妻の方も多いのですが、それは通用しないのです。
元夫からず買った住宅ローンの引き落とし口座に毎月お金をきちんと入れる元妻
でも、それは元夫が銀行に住宅ローンをきちんと返済していることになるのです。

元妻が住まなくても連帯債務者や連帯保証人で元夫が住宅ローンを滞納したらどうなる?

元妻が連帯債務者や連帯保証人で元夫が住宅ローンを滞納したらどうします?

仮に元妻が今の住宅ローンが残っている家から出ていくことも離婚ではよくある話です。
でも、まだ若かった新婚時代は夫の収入だけでは足りなくて妻の収入も合算して住宅ローンを組むこともよくあります。
また、住宅ローンでは専業主婦であっても妻を連帯保証人に入れることを条件にしている金融機関もあります。

そこで
離婚するので連帯債務者を外してください
離婚するので連帯保証人を外してください
これは銀行には通用しません。
そして離婚後にもし万一、元夫が住宅ローンを滞納したら・・・
もちろん連t来債務者または連帯保証人である元妻に督促が来ます。
もしそれが元妻のあなたが支払えないのなら元夫、元妻ともに破産?ということになるのです。

離婚するなら住宅ローンでもきっちり縁を切りなさい!
それには住宅ローンの借り換えしか方法はありません。

\離婚後も妻が住み続けるための住宅ローン借り換えをサポート/
離婚・住宅ローン対策センター 公式ホームページ